抗がん漢方薬『天仙液』に関する情報提供サイト


天仙液とは?
天仙液の入手方法
天仙液の価格
天仙液特別サービス
天仙系列製品の紹介
天仙液の効果・効能
天仙液は効かない!?
天仙液は医薬品?
天仙液の本物と偽物
天仙液の個人輸入代行
天仙液の副作用
天仙液の関連書籍
天仙液リンク集
天仙液の相関図

-->

・サイトマップ
・運営者
・お問合せ

・お役立ちサイト
・相互リンク

・ガンに効く漢方薬!

・かんたん相互リンク

▼天仙液の購入を考えている方、使用者の生の声を是非お聞きください!

天仙液の口コミ情報サイト


天仙液は医薬品?


私はなぜ、父のがん治療に天仙液を選んだのかというと、天仙液は「抗がん漢方薬」という世界各国で許認可されている『医薬品』であるということでした。※天仙液は、日本においては、海外の医薬品と認知されている。

がんに効くといわれている健康食品で思いつくものとして、アガリクス、プロポリス、AHCC、サメ軟骨、フコイダン、メシマコブ、タヒボ茶、キトサン、クロレラ・・などありますが、これらはどれも「健康食品」というカテゴリーです。

天仙液は世界各国でのべ20年以上にわたり臨床試験を重ね、現在、日本の病院でがん患者に対して臨床試験を行っているようです。
≫詳しくはこちらをご覧下さい



■代替療法における製品の位置づけ
代替療法における製品の地位
 
▲天仙液は(海外の)医薬品であり、その他は健康食品である。
 
  身体を調整するぐらいには健康食品でよいのかも知れませんが、がん治療となるといささか健康食品では効果として不安があり、食品としての限界もあるのではないか・・?とも感じました。

しかし、天仙液は海外で抗がん漢方薬の『医薬品』として許認可を受けています。他の「がんに良い健康食品」と「抗がん漢方薬(医薬品)」は、はじめから製品自体の位置づけが違うのではないでしょうか。

それを知って真っ先に、「がんの父に最高峰の代替療法の製品を服用させてあげたい!」と思ったのです。

効果のほどが不安な健康食品より、効果の実証データもあり、医薬品であり、中医学(漢方医学)という長い歴史の中で生まれた医学であり、日本を含む世界各国の医師や病院も効果を認めている「天仙液」にかけてみよう!と思ったしだいです。

3ヵ月服用で効果が!


人間の身体は約3ヵ月で細胞が入れ代わると聞いたことがあります。天仙液を服用している方も、飲み続けてから、1〜3ヵ月のあいだに身体に変化が表れる方が多いと聞きました。そこで私は「天仙液を3ヵ月間、適量を服用させて効果がみられなかったら、別の代替療法を考える」と決めて服用をスタートさせたのです。

結果、3ヵ月目あたりから徐々に効果が表れ、その後とても満足のいく効果が出ましたので、それからも服用し続けることになりました。

しかしながら、人によっては、抗がん漢方薬(医薬品)といえどもなかなか効果が感じられないということもあるかと思います。

そういうとき、私の考えとしては、本当に天仙液は効くのか?と疑問を持ちながら服用するより、「代替療法として最高峰の抗がん漢方薬(医薬品)天仙液を3ヵ月間とにかく服用してみる。効果のみられない場合は、別の代替療法を探してみる」
ということ考え方でいいのではないかと思うのです。

これは命の問題で一刻を争います。寄り道している時間はないのです。
よって「代替療法の最高峰の製品を一番最初に充分服用してみる」ことを私はおすすめします。後悔のないがん治療をしたいものですね。
 

<<天仙液は効かない!? | 天仙液の本物と偽物>>
Copyright 2006 -天仙液の情報サイト- All rights reserved.