抗がん漢方薬『天仙液』に関する情報提供サイト


天仙液とは?
天仙液の入手方法
天仙液の価格
天仙液特別サービス
天仙系列製品の紹介
天仙液の効果・効能
天仙液は効かない!?
天仙液は医薬品?
天仙液の本物と偽物
天仙液の個人輸入代行
天仙液の副作用
天仙液の関連書籍
天仙液リンク集
天仙液の相関図



・サイトマップ
・運営者
・お問合せ

・お役立ちサイト
・相互リンク

・ガンに効く漢方薬!

・かんたん相互リンク

▼天仙液の購入を考えている方、使用者の生の声を是非お聞きください!

天仙液の口コミ情報サイト


天仙液の効果・効能

天仙液強効型の画像
▲天仙液強効型

天仙液は4000年も及ぶ「中医学」(漢方医学)をもとに研究開発されてきました。

その結果、漢方薬として、「ガンに効果あり」と中国政府が認めて、初めて医薬品として許認可した「抗ガン漢方薬」です。

その後、世界各国のガン専門機関で、効果・効能が次々と科学的に立証されているようです。

天仙液は20種類以上の生薬成分が配合、処方されており、その相乗効果で次のような効果があるとされてます。

@ 抗腫瘍作用(「腫瘍の縮小」「がん細胞増殖の停止」「がん細胞の発生を抑止・抑制」等)
A 身体機能改善作用
B 免疫増強効果
C ガンの改善、回復効果、延命効果
D 末期ガンに特有な苦痛の軽減効果、鎮痛作用効果
E 西洋医療による副作用の軽減効果、相乗効果
F ガンと共存しながら、QOL(生活の質)の向上効果
などにより、効果的にがん細胞を攻撃します。
 
 

西洋医学(手術、抗がん剤、放射線治療など)と合わせて相乗効果が!


天仙液は、がん細胞を死滅・抑止させる効果もあるとされてますが、それ以外に注目する点として、西洋医療(手術、抗がん剤、放射線治療など)と合わせて併用することによって、相乗効果があり、より良いがん治療効果が期待できるということです。

天仙液併用による効果
抗がん剤、放射線治療の効き目をより高める (からだの生体反応を漢方作用により活性化する)
手術後の体力回復(滋養強壮、生体活性化、免疫力増加作用)
抗がん剤、放射線治療の副作用、身体へのダメージを軽減させる(滋養強壮、生体活性化作用)
西洋治療による白血球、血小板、ヘモグロビン等の減少を抑えることで免疫力の向上させる

などの効果があり、西洋医学と中医学(漢方医学)の併用(中西医結合医療)により、 1+1=2で終わるのではなく、1+1=3にも4にもなる効果が期待できる、総合的でより効果的ながん治療ができるということで注目されてます。

つまり、手術・抗がん剤・放射線治療を行ってる方が天仙液(漢方医療)を併用することによって、手術後の苦痛が和らいだり、抗がん剤の副作用が軽減されたり、抗がん剤・放射線の効果を増加させたりする効果も期待できるということです。
 

臨床試験結果

日本の新薬開発研究の権威でもあります「新薬開発研究所中央研究所」において、天仙液の抗腫瘍効果の臨床試験が行われ、その結果、天仙液のガン抑制率が最大で89.4%、天仙液強効型のガン抑制率が最大で94.1%と立証され、発表されています。

中国の大学病院、研究機関で行われた臨床試験では、特に消化器系統(食道ガン、胃ガン、大腸ガン、直腸ガンなど)にとりわけ高い効果が立証されています。

天仙液はガンに有効とされる生薬の配合、処方で研究開発した漢方薬ですので、その特徴として、原則的に天仙液の使用する量で、効果が左右されるようです。(個人差があります)。
 

天仙液の効果的な使用量

一日の使用量の目安として、次のように発表されています。

@健常者・ガン予防20cc。
A再発予防・初期ガン20t〜40cc。
B初期、中期ガン20t〜40t。
C中期、末期ガン40t〜60t(増量時80cc)。

※1日最大服用量は80ccです。

 

どのようなガンに対して効果があるのか?

天仙液は液体状で、経口の内服液として使用出来ます。

飲用後に血液が有効成分を吸収して抗ガン作用が働きますので、原則的に各種のガンに対して高い治療効果が発揮されるようです。

 

末期がん患者でも使用できるのか?

天仙液はガンを体全体から診る医療で、あくまでも抗ガンを目的として開発された漢方薬です。

様々な臨床試験で、ガンに対して効果的であると実証されてきていますので、ガンの進行度合いと関係なく、使用できる抗ガン漢方薬です。

実際には末期ガンの方が使用している実情もあります。


末期ガンを対象に天仙液療法を中心に治療した結果、54%以上の末期患者が完治し、元の生活に戻っているという驚異的なデータもあります。世界各国から、天仙液で末期ガンから完治したという効果報告もたくさんあるようです。

 

子供でも効果があるのか?

原則的に1日の効果的な最高服用量は4本(80ml)になり、服用例としては、午前9時、午後3時、午後9時、就寝前に各1本ずつ、計4本(80ml)になります。

大人から幼児にいたるまで、天仙液は摂取が可能です。

しかし、同じ量というわけにはいきません。薬の量は体重によって減らすべきものですが、大まかにいいますと、12歳以下の子供の場合は、大人の半分を目安にすると効果的でしょう。もちろん、体重の少ない幼児の場合は、適宜判断し、それよりも少ない量を与えたほうが良いと思います。

 

注目のがん治療法、中西医結合医療とは?

アメリカ、欧米などの西洋医学が主流となっているがん治療先進国で、中国医学や漢方医学の重要性が再認識され、中西医結合医療(ちゅうせいいけつごういりょう)が注目されています。

中西医結合医療とは、西洋医学(手術、抗がん剤、放射線等)の限界や、治療後の養生の大切さを考えた新しい治療法で、西洋医学の診断や手法、治療も取り入れ、中国医学(漢方医学)の治療を中心として施すという医療モデルです。

その中で、中西医結合医療の代表、中医学(漢方医療)として、抗がん漢方薬「天仙液」があります。
 

天仙液の保存期間


天仙液の効果的な保存期間は3年間となっています。

特に冷蔵庫に入れる必要はありませんが、直射日光や湿気の多い場所の保管は避け、通気性の良い涼しい場所に保管したほうがよいです。

また、服用時は、ビンをよく振ってからお飲み頂くとより効果的だと思います。


<<天仙系列製品の紹介 | 天仙液は効かない!?>>
Copyright 2006 -天仙液の情報サイト- All rights reserved.